初めてでも失敗しない老人ホームの選び方

最初は分からないことだらけの老人ホーム選び。老人ホームの基本情報から介護保険まで、いろいろ解説します

老人ホームの種類や特徴

ケアハウスとは?入居基準や難易度、費用や申し込み方法などをまとめました

更新日:

AD728×90




ケアハウスとは、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設で、軽費老人ホームC型とも呼ばれます。

特に介護型のケアハウスは、重度の要介護状態になっても住み続けられるので、非常に人気の高い施設の一つです。

ケアハウスとは

60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの介護サービスを受けられる施設です。

助成制度が利用できるため、低所得者でも比較的入居しやすい施設です。

全室が個室、施設内はバリアフリーの構造で、車イスをご使用の方にも対応した造りになっています。

一般型のケアハウスでは、介護が必要なときには、訪問介護や通所介護などの在宅サービスを利用することになります。

基本的に、自立状態であることが求められるので、そうでないと見なされた際には、施設からの退去を求められることもあります。

一方、介護型と呼ばれるケアハウスでは、介護の必要な方の受け入れや、介護サービスの提供も積極的に行われています。

そのため、重度の要介護状態になっても住み続けることが可能な施設も多く、介護の必要な方にも適応したタイプといえます。

ただ、病気による長期的な入院や、医療措置が必要になってしまうと、退去する必要が出てくることもあります。

ケアハウスの入居条件

一般型のケアハウスの場合、基本的には60歳以上の高齢者、または夫婦のどちらか一方が60歳以上が条件です。

要支援1・2の方は、こちらのケアハウスに入居することになります。

介護型ケアハウスの場合、要介護度1以上の65歳以上の高齢者というのが、基本条件です。

認知症の方に関しても。一部の介護型ケアハウスは、受け入れ対応しています。

家族との同居が困難で、独立して生活するには不安がある、共同生活ができる、身の周りの世話ができる、伝染病などの疾患がない、といった条件がある施設もあります。

ケアハウスの入居難易度

民間の老人ホームが多様化し、低価格化が進んでいることもあり、一時期よりはケアハウスの入居難易度は高くありません。

ただ、特に介護型ケアハウスは人気も高く、入居希望者も多いため、有料老人ホームのようにすぐに入居するのは難しい状況にあります。

特に都心部のケアハウスは、満室状態のことがほとんどです。

ケアハウスの1か月のおおよその費用

ほとんどのケアハウスは、初期費用と月額利用料が必要になります。

一般型の場合、初期費用として30万円程度、介護型の場合、初期費用として数十万〜数百万円、場合によっては1000万円を超える入居一時金が必要になります。

(一般型の施設の中には、初期費用無料のところもあります)

また、1か月の費用も地域によって異なりますが、一般型の場合7万~13万円程度、介護型の場合は16万〜20万円になることが多いでしょう。

訪問介護など、介護保険の在宅サービスを利用した場合には、そのサービス費の1割が別に必要となります。

さらに別途、生活費などが必要になります。

ただ、自治体の補助制度があるので、民間老人ホームよりは、自己負担金は安くなる場合が多いでしょう。

ケアハウス入居のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 利用料が安い
  • 一般型は初期費用も安い
  • 介護型は、要介護レベルが上がっても住み続けられる
  • 介護型は初期費用が高額になる
  • 施設による差が大きい
  • 一般型は、介護サービスが限定的

 

一般型(自立型)と介護型のケアハウス、あなたはどっち

一般型(自立型)の場合、介護職員による見守り、食事・掃除・洗濯の世話といった生活援助などが提供されます。

ただし、要介護3以上のレベルになると、利用が困難になる場合がほとんどです。

介護型の場合、重度の要介護者も受け入れ、入浴や食事の介護のほか、機能訓練や医療ケアなどのサービスも提供されます。

施設によっては、看取り看護もしてくれますし、特別養護老人ホームと同じレベルの、手厚い介護サービスを受けることができます。

ただ、入居にあたっては金銭的負担が大きくなりますし、今のところ数が少なく、即時入居はほぼ不可能な状態です。

それぞれの特徴をしっかり考慮して、長い目で見た決定を下すことが大切でしょう。

ケアハウスの申し込み方法

施設に関する情報は、市町村の窓口で確認することができます。

そして、入居の申し込みは、各施設に直接行います。

入居申込書や、住民票・健康診断書・所得証明書などの必要書類を提出した後に、面談となります。

面談内容や、経済状況、要介護度や介護の必要性などを、総合的に考慮し、施設スタッフが入居判定を行います。

まとめ

基本的にケアハウスは、家族によるサポートを受けることが難しく、そのため日常生活を自力で行うことが難しい高齢者を対象に作られた施設です。

それで、もし介護が必要になった際の老人ホーム探しをする際に、ケアハウスを候補に入れるのであれば、数の少ない介護付きケアハウスしかない、という点を覚えておく必要があります。

選択の自由度の高さは有料老人ホームが圧倒的に多いですが、入居後の利用料金の安さはケアハウスに軍配が上がります。

入居者の身体の状況や、経済状況をしっかりと考慮し、入居後のことも視野に入れつつ、老人ホーム探しをしていくことが大切です。

 

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

フリーランスのアラフォー整体師です。 患者さんの半分は、60歳以上の方。 老人ホームや、ターミナルケア病棟への往診なども多く、いろいろと毎日考えさせられます。 趣味は、野球・アウトドアキャンプ。 同じくアラフォーの妻と、毎晩お酒を飲む時間が大好きです。

AD336




AD336




老人ホーム・介護施設の検索【LIFULL介護】(10-0714)

-老人ホームの種類や特徴

Copyright© 初めてでも失敗しない老人ホームの選び方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.