初めてでも失敗しない老人ホームの選び方

最初は分からないことだらけの老人ホーム選び。老人ホームの基本情報から介護保険まで、いろいろ解説します

老人ホームの種類や特徴

グループホームとは?入居基準や難易度、費用や申し込み方法をまとめました

更新日:

AD728×90




グループホームは、社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営される、地域密着型の介護施設です。

主に、軽度の認知症高齢者を受け入れています。

グループホームとは

グループホームは、入居者が介護スタッフのサポートを受けながら、5〜9人のユニット単位で共同生活を送り、認知症の進行を緩やかにすることを目的とした施設です。

自立支援、そして認知症高齢者が住み慣れた地域で、普通の生活を送ることを目指した施設です。

認知症の高齢者が入居を検討する施設として、最初に名前が上がってくる事が多いでしょう。

認知症の中には、集団になる事で不穏になってしまい、共同生活に向かないタイプもありますが、集団でいる方が安心出来る人が多いとされるアルツハイマー型には、グループホームは最適な施設でしょう。

助けが必要な部分は、個人の人格を尊重しながら行われ、料理や掃除などは皆と協力し合いながら生活します。

役割を持ちみんなと協力し合う事で、症状の進行を遅らせます。

入居期間は、原則終身利用です。

ただし、身体状態が悪化し、1人で着替え・食事摂取・排泄などができなくなったり、慢性疾患のために日常的な医療ケアが必要になったりすると、退去しなくてはなりません。

グループホームの入居基準

原則として、65歳以上で、「要支援2」または「要介護1」以上の介護認定が必要です。

認知症であるという医師の診断書も必要となります。

ただし、治療を優先すれば改善が可能な、急性の疾患による認知症である場合は入所できません。

また、65歳未満であっても初老期認知症に該当する方、若年性認知症と診断された方などは利用可能です。

地域密着型のサービスなので、その地域に住んでいる(住民票がある)事も条件の一つです。

市町村によっては、2親等以内の親族が3ヶ月以上在住していれば、入所できる場合もあります。

地域や施設によっては、「身の回りの世話ができる」「感染症にかかっていない」「共同生活に適応できる」といった条件を設けているところもあります。

入所時点で、極端に暴力的なため共同生活が困難であったり、医療的ケアが必要な持病があったりする場合は、施設判断により入所できない場合があることを覚えておきましょう。

グループホームの入居難易度

グループホームは、比較的新しくできた施設です。

そして、1施設に原則、最大18人にしか入居できないという制限があるため、空きは多くありません。

さらに、住んでいる地域のグループホームにしか入所できないという条件があるので選択肢が狭くなり、入所難易度は比較的高くなっています。

待機期間として、数ヵ月から数年程度は覚悟しておく必要があります。

グループホームの1か月のおおよその費用

料金は介護保険料については、介護度別に決まっており1割負担となっています。

入所一時金が不要な施設もありますが、ほとんどの施設が数十万円に設定されています。

特別養護老人ホームなどの公的施設よりは高めで、賃貸マンション水準が目安になるでしょう。

1か月の費用は、立地条件によっても大きく変わります。

一般的に都心部の方が料金が高くなり、15万円~20万円前後、郊外であれば10万円~15万円前後が目安になります。

それ以外に、レクレーション費、理美容代、オムツ代などが、実費で請求されます。

「特定障害者特別給付費」という家賃補助制度や、高額介護サービスを払い戻してくれるサポート制度もあるので、市区長村役場の福祉課に相談しましょう。

グループホームのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 認知症専門スタッフが常駐
  • 少人数でアットホームな環境なので、認知症の方が落ち着いた生活を送れる
  • 認知症の改善や、進行緩和を目指せる
  • レクレーションが多い
  • 医療依存度が高まると退去が必要になる
  • 入居難易度が高い
  • 医療ケアはほとんど行われない
  • 費用が高額になることがある

 

グループホームの看取り看護

グループホームは、終身利用ができる施設ですが、共同生活が営めることが入居条件になります。

それで、重度の認知症や寝たきりなど、認知症以外の介護が必要になった時は、転居しなければいけなくなる場合が多いでしょう。

看護師の配置は、法律上グループホームには求められていませんが、利用者の高齢化、介護度の重度化が進んでいる現在、グループホーム内の看取り看護に対応する施設も増えてきています。

ただ、医療連携の強化や看護体制の確立など、課題はまだまだあると言えるでしょう。

グループホームの申し込み方法

グループホームへの入居の申し込みは、各施設に直接行います。

入居申込書や、住民票・健康診断書・所得証明書・医師による認知症の診断書、といった必要書類を提出したあと、面談を行います。

その後施設スタッフが、共同生活に対応できるか、介護依存度、収入などの要素を総合的に考慮し、入居判定をします。

入居難易度は高いので、少しでも早く動き出したほうが良いでしょう。

市町村などでは、定員や空室、待機者リストなどを所有している場合もありますので、問合わせてみることもできるでしょう。

まとめ

家庭的で、落ち着いた生活ができるかどうか判断するために、まずは資料を取り寄せ、見学予約をしましょう。

料金は施設の設備や部屋の状態で全く異なり、また、日常生活費には含まれないで自費となるものあります。

始めに聞いていたものよりずっと高額になってしまう場合もあります。

月にいくら必要かなど、分からない事があれば、はっきり聞く事が大事です。

また、担当ケアマネージャーさんなどに、客観的に施設の評判を聞いてみることも、失敗しないための方法の一つです。

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

フリーランスのアラフォー整体師です。 患者さんの半分は、60歳以上の方。 老人ホームや、ターミナルケア病棟への往診なども多く、いろいろと毎日考えさせられます。 趣味は、野球・アウトドアキャンプ。 同じくアラフォーの妻と、毎晩お酒を飲む時間が大好きです。

AD336




AD336




老人ホーム・介護施設の検索【LIFULL介護】(10-0714)

-老人ホームの種類や特徴

Copyright© 初めてでも失敗しない老人ホームの選び方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.