初めてでも失敗しない老人ホームの選び方

最初は分からないことだらけの老人ホーム選び。老人ホームの基本情報から介護保険まで、いろいろ解説します

老人ホームの種類や特徴

住宅型有料老人ホームとは?入居基準や難易度、費用や申し込み方法をまとめました

投稿日:

AD728×90




住宅型有料老人ホームは、民間が経営する老人ホームです。

老人ホームが提供してくれる生活援助サービスと、外部の介護サービスを利用しながら、自宅にいるような感覚で、マイペースに暮らせるのが魅力の施設です。

住宅型有料老人ホームとは?介護付老人ホームとの違いを解説

よく耳にするのは、介護付有料老人ホームと、どう違うのかという声です。

住宅型有料老人ホームは、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないタイプの有料老人ホームです。

それで、施設内のスタッフからは食事などの生活サービスが提供されますが、介護サービスが必要なときには、入居者が個々に外部の在宅サービスを利用することになります。

施設内で受けることのできるサービスは、基本的に食事のサービスと、緊急時の対応などの日常生活の支援だけとなります。

介護付と住宅型の違いは、介護スタッフが常駐しているか、それとも外部サービスを利用するかの違いになります。

結果的には、どちらの有料老人ホームを選んでも、介護サービスを受けることができます。

外部サービスになるので、施設には介護スタッフがいないと思われがちです。

しかし厳密には、住宅型有料老人ホームの中には居宅介護事業所があり、その事業所のスタッフが介護を行うようになるため、施設の中に介護スタッフがいるのと同じようになります。

介護スタッフは24時間常駐しているので、充分な介護が受けられるでしょう。

住宅型有料老人ホームの入居条件

施設により異なりますが、60歳以上の方で、共同生活になじめる方で、自立から要介護の方までが入居の対象となります。

介護度が将来上がったとしても、介護サービスを利用して入居し続けられるので、幅広いシニア世代の方に人気の施設です。

医療体制は施設によりまちまちなので、入居前によく確認する必要があるでしょう。

たんの吸引、インスリンの接種、胃ろうの対応などの日常的に行われる医療行為でも、回数が増えると対応できない施設もあるからです。

認知症の方、身元引受人がいない方、感染症の方などは、施設ごとの判断で入居が可能となることがあります。

住宅型有料老人ホームの入居難易度

住宅型有料老人ホームは、年々数が増加し、現在有料老人ホームの3割がこのタイプの施設です。

全体的な数が多いので、それほど入居難易度は高くありません。

ただ、幅広いシニア層に人気があり、入居率も80%以上なので、入居を検討される方は早めに動いたほうが良いでしょう。

住宅型有料老人ホームの入居時の費用や1か月のおおよその費用

多くの施設では、初期費用と月額利用料が必要になります。

施設の場所や地域、設備やスタッフによって大きく異なりますが、入居一時金は0~数千万円、月額利用料は12万~30万円程度が目安になります。

入居一時金は家賃を一括で先払いするシステムです。

最初に払った入居一時金は、5~8年程度で償却されます。

すべて償却されるまでの間は家賃は発生しません。

月額では家賃・管理運営費・食費・水道光熱費などの雑費、その他介護保険の1割自己負担分が必要になります。

介護保険は1割負担で対応できる範囲が決まっているので、介護度の重い方では介護サービスを利用する回数が多くなり、介護保険の上限額を超えやすく、超えた分は10割、つまりすべてが自己負担となってしまうので注意が必要です。

なお近年は、入居時一時金0円プランを設定している施設も多くなっています。

そのような場合、入居一時金を支払った場合よりも、月額利用料が高めに設定されています。

設備やレクリエーションが充実している住宅型有料老人ホーム

基本的な設備は施設によって異なりますが、どの施設もかなり充実しています。

館内のバリアフリー化や緊急通報装置の設置、車イスや寝たきりの方でも入浴が可能な機械浴のある施設や、談話のできる共用スペースやカラオケ・園芸・アトリエ・麻雀卓・図書室などの趣味設備が揃っている施設も多くなっています。

また、機能訓練室・フィットネス用具・プールなどの健康設備、その他ゲストルームや駐車場などの設備が充実している施設もあります。

各居室にミニキッチンや浴室、洗濯機置き場など、自立した生活を送りたいと思っている方を対象にした設備が揃っている施設も増えています。

有料のレクリエーションやイベントなども開催されます。

基本的に自由参加なので、本人の意思にまかせてしまうと翌月の実費費用請求を見て、驚いてしまうこともあるようです。

それでスタッフの方に、有料のイベントの場合は、家族に確認をして欲しい旨を伝えておくこともできるでしょう。

住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • レクリエーションや設備が充実している
  • 介護付きよりも利用料が割安
  • 外部サービスを利用することで、軽度の要介護状態に対応可能
  • 自由度が高く、ある程度自立して生活できる
  • 高級志向から一般向けまで、設備やサービスの選択肢が多い
  • 重度の介護状態では、基本的に住み続けられない
  • 利用した介護サービスごとに費用が発生するので、介護保険の上限を超えると費用が高くなる
  • 一般に入居費用や月額費用は高くなる場合が多い

住宅型有料老人ホームの申し込み方法

住宅型有料老人ホームへの入居の申し込みは、各施設に行います。

入居申込書の提出、訪問あるいは来訪による面談の後、住民票・健康診断書・所得証明書などの必要書類を提出し、面談の結果を施設スタッフなどが、「要介護度」「介護の必要性」「介護者の状況」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入居を決定します。

入居にあたっては保証人が必要になる場合が多いので、あらかじめ考えておく必要があるでしょう。

まとめ

住宅型有料老人ホームは、選択の自由度のかなり高い施設です。

介護付き有料老人ホームとは違い、介護保険の使える点数に余裕がある場合がほとんどなので、福祉用具をレンタルで利用することも可能です。

通常は買取が必要な用具をレンタルで使えることにより、安く利用することができ、さらに介護度が上がった時などに、無償で商品を交換してもらうこともできます。

ほぼ自宅で暮らしているのと同じ感覚で、介護保険サービスを利用できる施設と言えるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

フリーランスのアラフォー整体師です。 患者さんの半分は、60歳以上の方。 老人ホームや、ターミナルケア病棟への往診なども多く、いろいろと毎日考えさせられます。 趣味は、野球・アウトドアキャンプ。 同じくアラフォーの妻と、毎晩お酒を飲む時間が大好きです。

AD336




AD336




老人ホーム・介護施設の検索【LIFULL介護】(10-0714)

-老人ホームの種類や特徴

Copyright© 初めてでも失敗しない老人ホームの選び方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.