初めてでも失敗しない老人ホームの選び方

最初は分からないことだらけの老人ホーム選び。老人ホームの基本情報から介護保険まで、いろいろ解説します

老人ホームの種類や特徴

介護保険老人施設とは?入居条件や難易度、1か月の費用や申し込み方法をまとめました

更新日:

AD728×90




医療法人・ 地方公共団体・ 社会福祉法人など公共団体が運営する、病院と自宅の中間的な位置づけの施設が、介護保険老人施設、通称「老健」です。

老健とは

退院後、すぐに自宅で生活するのが難しい方に、在宅復帰をサポートする目的の施設が老健です。

例外もありますが、基本的に入居期間は3か月~半年ほどです。

「緊急な状態は脱したけれど、自宅に戻るには訓練や療養がもう少し必要」という方が対象の施設が、老健だと言えるでしょう。

医療ケアが、他の老人ホームや介護施設に比べて、手厚くなっているのが特徴の一つです。

医師、看護職員の配置が義務付けられているほか、作業療法士、理学療法士も常駐しています。

もちろん、介護サービスも受けられますが、自宅生活に復帰するための機能訓練が重視される施設です。

3か月ごとに、退所か入居継続かの判定が行われ、自宅復帰できると判断された場合、退所しなければいけません。

介護型の新型老健では、長期の入所も可能になりましたが、自宅と病院をつなぐ役割を担う施設という意味では、期間限定型と考えておかなければいけない施設です。

それで、介護老人保健施設に入所した時点で、退所後の方針を決めておく必要があります

老健の入居条件は

原則として65歳以上で、要介護1以上というのが、基本的な条件です。

また、40~64歳でも、「初老期における認知症」「関節リウマチ」「多系統萎縮症」など特定疾病を患っている方(介護保険における第2号被保険者)も、入所基準を満たしているとみなされます。

低所得者の方が、優先して入居できる場合が多いです。

また、身体的・精神的に入院治療が必要ではない状態である事や、感染する病気を持っていない事を、入居条件に含めている施設が多くみられます。

本人や家族が在宅での生活を目指しており、リハビリ意欲がある事なども、入所判定で考慮されます。

老健の入居難易度

介護老人保健施設は、平均入居日数が1年未満と短いので、入居基準を満たしていれば、比較的早く入居できることが多い施設です。

しかし、様々な事情から自宅での介護生活に移行できずに、介護老人保健施設を3ヵ月ごとに渡り歩いている人や、長期間の入居を余儀なくされている人も、現実には多く見受けられます。

特に都市部だと、満室状態が続いている場合が多いので、早めに詳細を問い合わせるとともに、複数の施設に申し込みをしておくことは大切です。

3か月~半年程度は、待機期間があることを想定して、計画を立てましょう。

老健の1か月のおおよその費用

老健に入居するにあたっては、特別養護老人ホームと同じく、初期費用は0円で入居可能です。

月額利用料は、個室か多床室か、また世帯収入や課税状況によって、大きく変わってきますが、特別養護老人ホームよりは高くなる場合が多いでしょう。

介護保険料は介護度によって決まっており、一割負担となります。

その他に、日常生活費や食費、部屋代などが必要になります。

リハビリ等の医療費についても、別途算定されます。

施設の設備などにより料金は大きく変わりますが、看護師や理学療法士など専門性の高いケアが行われるため、相部屋では1か月10万円から、個室では15万円から20万円ほどになる場合が多いでしょう。

ユニット型の部屋だと、20万円を超える施設も多くみられます。

「介護保険負担限度額認定証」を申請することにより、負担が軽減される可能性があります。

老健のメリット・デメリット

 

メリット デメリット
  • 入居時に0円で入居可能
  • 民間施設に比べ、月額料金が安い
  • 医療ケアの体制が整っている
  • 介護ケアの体制が整っている
  • 機能訓練が充実
  • ほとんどが相部屋
  • 入居可能期間が3か月~半年
  • レクレーションなどはあまりない

 

老健の医療施設は充実している場合が多い

介護老人保健施設(老健)では、入所定員100人あたり最低1人の医師が常駐し、利用者の医療ケアや健康管理、緊急時対応などを行うことが義務づけられています。

特別養護老人ホームでも、医師の配置は義務づけられているものの、非常勤でも可能なため、施設で診察などを行うのは週に2回程度という場合もしばしばです。

一方、老健であれば常勤の医師がいるので、利用者の状態などをこまめに把握した上で、医学管理を行うことが可能となります。

ちなみに、老健に配置されている医師の半数近くが内科医です。

健康管理に欠かせない口腔ケアを担う歯科は、提携医療機関からの往診により対応している場合が、ほとんどです。

機能訓練(リハビリ)室の充実度も、老健の特色の一つです。

専用の機能訓練室があり、入所者のリハビリに必要な器具が揃っています。

看護職員が24時間常駐している施設も多く、「たんの吸引」「胃ろう」など、日常的な医療ケアが必要な方も、安心して暮らすことができるでしょう。

在宅復帰が大きな至上命題の老健には、利用者に対して適切なリハビリテーションを、個別プログラムで提供できるような体制が整っています。

病院からの退院後の、在宅復帰に向けたステップとして、もしくは在宅介護生活を改善するための手段として、しっかりとしたリハビリテーションを受けたい方に、最適な施設といえるでしょう。

老健の看取り看護

老健の目的は在宅復帰なので、たいていの施設は、「看取り看護」に関してはそれほど積極的ではありません。

「看取り看護」のための専用の部屋を用意している施設も、まだまだ少ないのが現状です。

ほとんどの場合、個室に移すか、他の入居者がいる中で看取り看護を行うことになります。

常勤の医師がいたり、夜間も看護士が常駐していますが、医療ケアの充実と、看取り看護ができるかどうかは、切り離して考えたほうが良いでしょう。

老健の申し込み方法

老健に入所を希望する際には、それぞれの施設にある窓口に、直接必要書類を提出して申し込みをします。

必要な書類は以下の通りです。

【施設利用申込書・健康診断書・健康保険書・身体障碍者手帳・医師の紹介状……】

直接窓口で申し込みを完了したあとは、本人や家族と施設側との面接になります。

本人にリハビリの意欲があることや、自宅復帰を望んでいることを、積極的にアピールしましょう。

面接内容と、提出された資料を基に、入所判定が行われます。

また、入りたい施設のデイケアやショートステイなどを、日頃から利用しておき、施設の職員の方と顔なじみになることも早く入居するためには有効な方法です。

急に空床が出た場合、新規の方より身体の状態などが分かっている馴染みの方に、声をかけることもあるからです。

まとめ

老健は病院が運営している所も多いので、病院の評判はそのまま老健にも当てはまる事が多いです。

それで、その病院の評判を調べてみるのは大切でしょう。

また、リハビリを急いで在宅生活を目指すのか、無理なくゆっくりリハビリしたいのか、希望をはっきり決めましょう。

早く在宅で生活が行えるよう、本人や家族が望んでいるのなら在宅強化型の老健、ゆっくりで良いなら従来型の施設を探しましょう。

短期間とはいえ、数か月はそこで生活するため、施設の雰囲気が本人に合っているかなども、見学をしてみましょう。

施設によって設備は異なりますし、リハビリの仕方や、食事内容なども異なります。

リハビリを受けている様子や食事の様子など、納得出来る施設かどうかしっかりと確認する事をおすすめします。

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

フリーランスのアラフォー整体師です。 患者さんの半分は、60歳以上の方。 老人ホームや、ターミナルケア病棟への往診なども多く、いろいろと毎日考えさせられます。 趣味は、野球・アウトドアキャンプ。 同じくアラフォーの妻と、毎晩お酒を飲む時間が大好きです。

AD336




AD336




老人ホーム・介護施設の検索【LIFULL介護】(10-0714)

-老人ホームの種類や特徴

Copyright© 初めてでも失敗しない老人ホームの選び方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.