初めてでも失敗しない老人ホームの選び方

最初は分からないことだらけの老人ホーム選び。老人ホームの基本情報から介護保険まで、いろいろ解説します

老人ホームの種類や特徴

サービス付き高齢者住宅・サ高住とは?入居基準や難易度、費用や申し込み方法をまとめました

投稿日:

AD728×90




高齢者のための新しい住宅制度として、平成23年10月に創設されたのが、サービス付き高齢者住宅(サ高住・サ付き)です。

バリアフリー対応の賃貸住宅で、主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。

サ高住とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、民間事業者などによって運営される介護施設のことで、「サ高住」「サ付き」とも略されます。

サ高住は福祉施設ではなく、あくまで賃貸住宅です。

義務付けられているサービスは、安否確認と生活相談だけです。

施設によって異なりますが、生活相談員が常駐しているので、入居者の安否確認や、病院の送迎や食事の提供などの様々な生活支援サービスを受けることができる場合がほとんどです。

あくまでも個人の住宅なので、他の有料老人ホームや介護施設と違い、起床時間や食事時間を他の入居者に合わせる必要がありません。

施設に自由に出入りできたり、居室にお風呂があったりと、プライバシーや自分のペースを守って、シニアライフを送ることができます。

また、“高齢者住まい法”によって、入居者の同意を得られないうちには事業者サイドから一方的に契約を解除できないようになっています。

それで、突然退去させられる心配がないという面で、入居後の安定した暮らしや安心感を得ることができる施設です。

サ高住の入居条件

60歳以上の高齢者、または軽度の要介護者・要支援者というのが、多くの施設の基本条件です。

自立・要介護を問わず幅広く許容している施設が多く、介護の必要のない方も利用できます。

身の回りの管理ができること、認知症ではないことなども条件になってきます。

基本的に元気なシニアのための施設なので、要介護度が上がると、退去が求められる場合があります。

サ高住の入居難易度

サ高住は2011年にスタートした制度ですが、2014年には4,600軒以上の施設があることが報告されています。

今後も、急増していくことが予想されます。

施設の立地にもよりますが、物件数や空きが多いので、比較的容易に希望する住宅に入居することが可能でしょう。

サ高住の入居時の費用や1か月のおおよその費用

入居にあたっては、賃貸借契約を結ぶことになるので、入居一時金ではなく、敷金が発生します。

敷金は基本的に家賃数か月分になるので、有料老人ホームなどと比べると、比較的安い初期費用で入居可能です。

月額料金は10万円~30万円と、施設によって異なります。

月額料金の中には、家賃・管理費・食費・水道光熱費・生活サービスなどが含まれます。

外部の介護サービスを利用する場合、自宅で訪問介護やデイサービスを利用する時と同じ料金になります。

特定施設入居者生活介護の指定を受けているサ高住がおすすめ

冒頭で述べたように、基本的にサ高住に求められているサービスは、安否確認と生活相談だけです。

しかし、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている施設の場合、より多くのサービスを期待できます。

介護職員による食事・掃除・洗濯のサポートだけではなく、介護職員や看護師による入浴・食事・排泄などの介護、また機能訓練指導員によるリハビリなど、介護付有料老人ホームとそれほど変わらないサービスを受けることができます。

サ高住を選ぶにあたって、どんなサービスが提供されるか、事前にしっかりと確認する必要があるでしょう。

サ高住入居のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 初期費用を低額に抑えることができ、高齢者が契約しやすい賃貸住宅である
  • 高齢者が生活しやすい設備が整っている
  • 新規参入が多く、選択肢が豊富
  • 介護認定のない自立した高齢者も入居できる
  • 自宅同様、自由な生活を継続できるところが多い
  • 同じケアマネさんに担当してもらえる
  • 一般的な賃貸住宅に比べ家賃が高い
  • 連帯保証人を求められる
  • 月額利用料の計算が煩雑な場合がある
  • 重度の介護状態では、基本的に住み続けられない
  • 介護は訪問介護サービスを利用する
  • 施設によって提供されるサービスに差がある

サ高住の申し込み方法

サ高住への申し込みは、各施設に行うことになります。

基本的に、一般的な不動産契約同様、連帯保証人が必要になります。

入居申込書・本人確認書類・連帯保証人の確認書類や収入などの証明書類を提出し、面談の後に入居判定がなされます。

まとめ

有料老人ホームを見学に行って、サ高住を勧められたという方もいらっしゃるかもしれません。

最近は、サ高住のサービス度が上がっていて、有料老人ホームとほぼ変わらないサービスを受けられると言えます。

ただ、介護度が高くなるかもしれない方や、認知症の症状がある場合、サ高住だと退去が求められる場合があるので、慎重に検討する必要があるでしょう。

サ高住は施設によって大きくサービス内容が異なるので、入居前にしっかりと確認することが最も大切です。

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

フリーランスのアラフォー整体師です。 患者さんの半分は、60歳以上の方。 老人ホームや、ターミナルケア病棟への往診なども多く、いろいろと毎日考えさせられます。 趣味は、野球・アウトドアキャンプ。 同じくアラフォーの妻と、毎晩お酒を飲む時間が大好きです。

AD336




AD336




老人ホーム・介護施設の検索【LIFULL介護】(10-0714)

-老人ホームの種類や特徴

Copyright© 初めてでも失敗しない老人ホームの選び方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.